待機児童ゼロなのに待機児童数100人!

待機児童とは

今では誰もが知る言葉となった待機児童。
「保育園落ちた日本死ね」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%9C%92%E8%90%BD%E3%81%A1%E3%81%9F%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%AD%BB%E3%81%AD!!!
※Wikiに「保育園落ちた日本死ね」ページがあるんです!!

これは2016年2月15日に投稿されたブログで、
当時国会で取り上げられたことから待機児童が注目を集めました。

おさらいですが
待機児童とは・・・
保育所の利用資格があり、入所の申し込みを行ったけれども、
保育所の利用ができていない未就学児を指します。

日本全体でも待機児童は4年連続減っています。

2022年4月の待機児童数は2,944人となり、前年から2,690人減っています。
最も多かった2017年の4月と比較すると約9分の1となりました。

2022年(令和4年)4月の待機児童数調査のポイント
厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/content/11922000/000979629.pdf

保育園の増設、
近年はコロナの影響で感染症への不安から利用控えや
在宅ワークの充実、
そもそもの人口減少で就学前人口の減少、
育休の充実・延長、
など様々な要因が絡み合い待機児童が減っていると推測できます。

港区でも同様に待機児童の数は年々減ってきており
4年連続で待機児童ゼロを達成しました。
役所も、「港区は待機児童はゼロとなりました」と声高らかに言っています。

先程の表にもあったように
待機児童のカウントは毎年4月時点が一般的ですが
10月になると待機児童が増えていることがわかるかと思います。

保育園への入園は4月が最も多く
次の4月に近づくにつれて保育園へ入園しづらくなっていきます。

待機児童ゼロのからくり

先程、次の4月に向かい保育園へ入園しづらくなると言いましたが
その実態を見てみると

港区では
2022年4月 待機児童ゼロ でしたが
2023年1月 待機児童97人 となりました。

0人→97人

12月までは毎月保育園の入園申し込みができますが
1~3月は12月にまとめての申込みとなります。
つまり12月までしか申込みはできません。

港区では確かに4月時点では待機児童がゼロ人だったとしても
ずっと0人というわけではなく
特に年明けには約100人もの待機児童となってしまいました。

これでは、待機児童を解消しました!
待機児童ゼロです!
と言える状況ではありません。

4月時点での状況だけをもって
待機児童がいないと言うべきではありません。

港区には、待機児童になってしまった人向けに
居宅訪問型いわゆるベビーシッターを用意していました。

しかし、このべビ-シッターも満員となり
保育園も入れないし、居宅訪問型(ベビーシッター)も使えない
ファミサポ(ファミリーサポート)や子結びサービスなど
区のサービスを利用しようとしてもやはりニーズが供給を上回り
利用できない
そうなると、1ヶ月に10万円近く払い民間のサービスを
利用せざるを得なくなっています。

保育園をはじめとした区のサービスを利用できた人と
できなかった人との間に金銭的な不平等が生じています。

これはどうにか解消していかなくてはいけません。
この件についてこれまでにも何度も質問し要望をしてきています。

自己負担をした金額と、認可保育園の保育料の差額を
(本来認可保育園に入園できた場合の保育料を上限に)
区が支給すべきだと考えます。

それと同時に、区では十分な量のサービスを提供できないわけですから
保育料と同額の金額を支給し、
民間のベビーシッターなどのサービスを各自が
利用できるようにすべきです。

今後も、働きたいのに預けられない人がいる限り
保育サービスの拡充に努めていきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です