9、ベンチャー支援

積極的にスタートアップを支援し港区の発展につなげます

港区は起業するには家賃が高いため家賃補助は行政ならではのサービス。提案し、それまで22社限定だった対象を2016年に50社にまで拡大

2021年に完成する産業振興センターを有効活用しさらにスタートアップを支援します

10、区情報のデータ化

紙媒体と区のHPで区情報を伝えていますが、それらの情報をデータ化しスマホで情報収集できるようにします。また英語・中国語など多言語対応もしていきます。

紙媒体を見ない層に対して区情報を探すことができるよう民間企業のアプリを導入しました

外国人へ区情報を提供するためタブレット端末の増やし対応言語を7か国語から11か国語に拡大しました。さらに仕事や育児で忙しい世代がほしい情報をすぐに見つけることができるようにしていきます。

11、AI導入などICT化を推進

ICT化を推進し業務効率化を図ります

保育園選定にAIを導入しこれまでは職員が3日かけていた作業を5分でできるようにしました

今後も各種サービスの電子申請などさらにICT化を推進し区民サービスの向上につなげます

12、ナイトタイムエコノミーの推進

インバウンド観光客に港区の夜を楽しんで消費し経済活動を活性化させます

2019年からナイトタイムエコノミーを推進するためイベントや観光情報発信など

します

夜の交通インフラを整えるため区バスなど区内を周遊させるべきと求めています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です