当選1周年の決意

当選から1年

enoayu2 (2)

あの日、体育館の上から望遠鏡で投票用紙を必死に見ながら生きた心地がしなかった。
心臓は止まってたんじゃないかな、とさえ思う。
周りから、「当選だよ」と声を掛けてもらい、当選確実が出た。
そこからは全身を血が駆け巡った。
それと同時にお世話になった方々への連絡。
寝たのは朝方。
それでも、フラフラになりながら翌早朝から田町の駅でお礼の街頭。
「当選おめでとう」
声を掛けてくださったのは、名前も知らないけど選挙期間中いつも声をかけてくださっていたご婦人。
その方に会った瞬間に全身の水分がとめどなく流れた。
もうどうしようにも涙が止まらない。
1人でワンワン泣きながら何時間も田町の駅で
「ありがとうございました」
と言いながらおじぎをしていた。

あの日からちょうど1年が経った。
もう何年も前のことのように感じる。

この1年は本当にいろんなことがあった。
わからないことだらけ、勉強の日々。
怒られたり、知らない人から嫌がらせを受けることもしょっちゅう。
だけど、その分、人の優しさ、ありがたさをすっごく感じることができた。

enoayu3
娘のように可愛がってくれる地域の皆さん
バーで会った見知らぬ方から応援してるよ、と声掛けてもらったり
僕たち、私たちの声を届けてくれ、と言ってくれる若者たち

enoayu2 (1)

心から感謝しています。
ありがとうございます。

まだまだ未熟者ではございますが、
純粋で青臭くてアツアツな想いを持ってこれからも駆け抜けます。

真の意味で平等な社会
努力がきちんと評価される社会
子どもたちが未来に希望を持てる社会

心が折れそうになることもある
それでも強い信念と理想と夢を持ち続け
これからも日本のために、港区のために、頑張ってまいります。

皆さまからの暖かいご声援・ご支援をどうぞよろしくお願い致します。

2016年4月27日 榎本 あゆみ

おまけ

昨日、家族が
「当選1周年おめでとう」とお祝いをしてくれました。

ayumienomoto

こんなかわいい(!?)手作りケーキ!
家族は本当にありがたい存在です。

どんなときも、最後に力になってくれる存在。
いつもありがとう!!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です