ちいばす、レインボーバスに5億円の経費

久しぶりのお出かけはお台場に。

決算委員会でも取り上げたけど、港区はちいばすとお台場レインボーバスに約5億かけています🚌

 


収支率90%を越えるルートもあれば20%代のルートもあり、このままでは大赤字です。

かなりたくさん調べた中でわかった事実の1つは、

高齢者、障害者、生活保護、妊産婦(産後1年のみ)、低所得子育て家庭は、無料で乗れる乗車券を配布しています。

私もいただいたのでありがたかったのですが、乗車券を利用してタダで乗っている回数がバス全体の利用回数の約32%に上ることです。

また、お客さんの7割が女性、60歳以上が45%、ビジネスユーザーは24%という統計でした。
このバスは誰のためのバスなのか。

港区は、これだけ公共交通機関が発達している中、港区で交通不便地域があると言ったら、地方などはどうなってしまうのだろうか。

坂が多いという事情や、ベビーカー、車椅子では公共交通機関に乗りにくいという現状を踏まえて、どういう運行をしていくのか。

コロナの影響でお客さんはかなり減っています。岐路に立っているレインボーに乗りながら、いろいろと考えていました。

朝から仕事でやっと16:30にランチです🤤

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です