神宮外苑の再開発計画

外苑前のいちょう並木

週末に外苑前の黄金に輝くいちょう並木に行ってきました。

とても美しく非常に多くの人で賑わっていました。

しかし息子さんは、「早くここから出よー」と、さほど喜んでいませんでした😅

さて建設員会で何度も審議をしていますが、ここ神宮外苑一帯の再開発の計画が進んでいます。

計画の概要をご報告します。

神宮外苑地区の再開発

いちょう並木や伊藤忠商事、秩父宮ラグビー場や明治神宮野球場などのあるここ神宮外苑地区が、

スポーツができる場所を増やすこと、

混雑することなく歩行者が行き来できるようにするなどを目的として再開発されます。

この一帯の地権者と各社が保有する土地の割合は

・明治神宮 (約66、2%)
・JSC(スポーツ振興協会)(約25、5%)
・伊藤忠商事(8、2%)
・三井住友信託(0、1%)

これら4社となっています。

この地図にあるように

現状の野球場とラグビー場の場所が入れ替わります。

外苑前のいちょう並木の近くに野球場が来ることになります。

野球場とラグビー場の間には新しく公園が作られ自由に遊べるスペースが増えることになります。

また、ホテルや店舗の入るビルが2棟立ちます。

いちょう並木は、港区景観条例に基づき守られるようになっています。良かったです。

スケジュール

来年の2022年から工事着工
2027年に新ラグビー場Ⅰ期工事完了
2031年に新野球場工事完了
2036年にやっと全体工事完了

このように14年かけて工事が行われます。

14年か、、、そのころにはうちの息子さんが青年になってるな、、、
仕方がないことは分かっていますが本当に工事は時間がかかりますね
広く新しくなった公園で子どもと遊びに行きたい!

なんて思っていても実際には完成した頃には
もう公園なんて行ってもらえない年齢になっているということが悲しい・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です