お台場のオリパラ会場は23.6億円を上回る費用に

お台場海浜公園で行うオリパラのトライアスロン会場の現状を視察してきました。


お台場海浜公園は海の上に大型スクリーンを設置するなど、2019年11月に着工をしていましたが、延期の決定を受けて、一部撤去し開放しています。


トライアスロンの会場設営費用は、元々26.3億円で、延期したことにより、一部撤去と、設営とで追加で費用が発生します。もし来年開催されるのであれば、できる限りコストを抑えてほしいですね。
海の水質については、3重の水中スクリーンを設置、今年の夏に行った水質に関しては調査はしたが公表はしないので答えられないということ。

オリンピアンの田山寛豪さんから、東京会場は都市型のオリパラでありロンドン会場に似ているというお話がありました。
開催する、しない、様々な憶測が飛び交っていますが、準備している皆さんは本当に大変。それに費用もどんどんかさむ一方。早く判断していただいたいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です