政調会長として党大会で登壇

国民民主党の党大会

国民民主党党大会で都連政調会長として登壇させていただきました😆

youtubeでも配信をしていた国民民主党党大会が行われました。
実は東京都総支部で山尾志桜里さんの後継として、私が政調会長を拝命しております🙂
大変恐縮ですが、精一杯務めさせていただいております。

東京都総支部の政調会長として、党大会の中で、東京から国に対して、ふるさと納税の今後のあり方について提言しました。

東京も一地方であること、今のふるさと納税は地方税である住民税の控除割合が高く、国税の所得税割合が低いことが地方と都心の対立構造を国が作り出していることなどについて言及。

港区の議員としての立場もありますが、
東京都総支部連合会の立場として、
地方と対立したいわけではないけれど、税金の再分配については
公平に納得できる仕組みにしてもらいたいということ
国が責任持つことを地方自治体に丸投げする姿勢は修正が必要であることなどを訴えました。

ふるさと納税は、納税者という個人の立場から見れば大変魅力的な制度だと思います。
しかし、地方自治体の立場からすると自分たちの自治体を運営していくため、サービスを提供するための財源である住民税が
他の都市に流れてしまい、その分を補填しなくてはいけません。
ワンストップ特例制度についても、ワンストップ特例制度が適用される場合は、
所得税からの控除は行われず、全額が翌年度分の住民税から控除されるという課題もあります。

東京も含めた地方が財源を取り合う仕組みではない
総務省が掲げている「ふるさと納税で日本を元気に!」が
実現される制度となるよう要望します。

ふるさと納税の流れ@総務省
https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/furusato/mechanism/procedure.html


国民民主党として新しい方向性を打ち出していければ、という大塚耕平参議院議員からご回答がありました⭐

今回も含め国民民主党の政策策定にも携わらせていただいています。
私のような地方議員や、東京という一地方の声にも耳を傾けてもらえるのが
国民民主党の素敵なところでもあります。
これからも日本が良くなるよう尽力してまいります。

YouTube

国民民主党定期大会2022
1時間39分あたりから登場します^^!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です