臨月で佐賀県に視察

久しぶりの飛行機

出張で佐賀県に来ました!

この時期(臨月)の出張に驚かれたけど、医師からも大丈夫でしょう、と診断をもらい無事に飛行機にも乗れました✈️


無事に到着して何よりです😉

お子様連れ、妊婦さんなどは申告すると先に搭乗させてもらえるので、一番に搭乗させていただきました!

機内の狭いトイレの中にも、トイレの上のスペースを利用しておむつ替えベッドが完備されていました。

おむつ替えのベッドを広げるとこうなります

わざわざスペースを作らなくても、このベッドのように作れば全ての個室トイレにおむつ替えベッドを付けることができますよね!!

これいい!!

佐賀県立博物館へ

佐賀城跡のすぐお隣にある佐賀県立博物館に行ってきました。

佐賀では、高輪ゲートウェイ駅前から発掘された150年前の石垣(高輪築堤)が港区から佐賀市に一部移設し再現されており、そちらを見てきました🛤️

なぜ、港区の高輪築堤で見つかった石垣が佐賀県に移設されたかと言うと、当時、築堤建設を決めたのが旧佐賀藩出身の大隈重信(1838~1922年)なのです。


そして今年はちょうど大隈重信の没後100年ということで、佐賀県が築堤の石約400個を東京港区から約900キロ離れた大隈重信ゆかりの地に運び、展示されていました。

驚きなのは、大隈重信が周りからの大反対を受けながらも、日本の将来のためイギリスの銀行から借金をしてまで海の上に鉄道を轢くために尽力したのは31歳のときだということです。

反対されようと、批判されようと、国家の将来を想い自分の信念に基づき、実行しやり遂げたそのエネルギー。
佐賀県で大きなパワーをいただいて来ました!私もまだまだ頑張らなくては。

そして、大変お世話になっているクリーク・アンド・リバー社の井川社長が初代社長を勤められていた株式会社サガンドリームスが運営するサッカーチーム「サガン鳥栖」のグッズもたくさん見かけました⚽

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です