コロナ禍の助産師会の取組について勉強会

本日、私が幹事を務めさせていただきました下記の勉強会を開催しました。

「コロナ禍の東京都助産師会の取り組み~妊産婦オンライン相談・YouTubeチャンネル」

というテーマで公益社団法人 東京都助産師会 会長 片岡 弥恵子(聖路加国際大学大学院 教授)先生からお話を伺い、

活発な質疑応答もされました。

東京都助産師会では、新型コロナ感染症拡大を受けて不安な妊産婦さんたちのために何かしたいという思いで4-6月の2ヶ月間、無料のオンライン助産師相談を実施されました。

前半はご寄付で、後半は東京都の助成金を受けることができたのですがそれだけでは運営が難しく6月末で終了となってしまったということでした。

東京都はもちろんですが、各自治体でも妊産婦さんへのオンライン相談は求められてるはずなので私達で行政を動かしたいと思います。

相談者の内訳は、妊婦より産後1年未満の産婦が多い、内容は授乳や離乳食のことなど興味深いデータも示していただきました。

また実際にコロナ禍で出産したかたからは、助産師相談が立ち上げたYouTubeチャンネルは、

夫と好きな時間に、何度も繰り返し見ることができ良かった、

と実体験をもとにしたご意見も出ました。

withコロナの時代には、対面での相談、電話相談だけでなく表情や実際に抱っこしたり授乳したりしてるところを見てもらえるオンライン相談も含めた、様々な選択肢を設けておくことが大切だとお話いただきました。

ご参加いただきました皆様、ありがとうございました😆

これからも、妊婦さん、産後のママパパたちの不安や悩みを解決できるようなサービス設計に注力していきます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です