品川駅高輪口(品プリ側)がリニューアル

品川駅西口(高輪口・品プリ側)

実は品川区ではなく港区にある品川駅ですが、
多くの方がイメージする品川駅の西口(品川プリンスホテル側)が再開発され生まれ変わります!

これまで、現地視察にも行き何度も説明を受け審議を重ねてきましたが
本日の都市計画審議会で可決されましたのでご報告いたします。

視察では、工事現場に入ったり
大変興味深い模型を見せていただいたりしましたが残念ながら撮影禁止でした。

品川駅西口一体が再開発される計画ですが、まず初めの工事として
現在、SHINAGAWA GOOS(シナガワ グース)はすでに営業を終了しており
取り壊しの工事が開始されています。


夏はBBQをやったり、子連れで行けるレストランがあったりとグースでの思い出がたくさんあります。

リニューアル後の品川駅西口

まず場所を確認しておきましょう。

A地区がシナガワグースが建っている場所
B地区がグランドプリンスホテル新高輪が建っている場所
Cー1地区は企業などが建っている場所となっています。

非常に広いエリアが再開発されることがわかるかと思います。

では、再開発によってどう変わるのか見てみましょう。   

これだけを見てもわかりづらいので、ポイントをいくつかご紹介します。

・高輪森の公園がさらに広くなる緑(公園)
現在、豊かな森がある高輪森の公園の隣に緑地1号がくっつき
さらに広い公園となります。

・品川駅前の上空デッキ
上の図で水色となっている「国道上空デッキ」部分です。
ここは、品川駅の改札から上空デッキを渡って西口に行けるようになります。
この上空デッキには、バスターミナルを作るなど交通の拠点ともなる予定です。

・品川駅から高輪地区へ歩道の整備
歩行者通路1号と書かれている部分が歩道となります。
現在は、柘榴坂からグルっと回らなければ品川駅から高輪へ行くことができませんでしたが
今後は上空デッキから斜めに真っ直ぐ高輪台駅方面に抜けることができるようになります。

・バリアフリー化される柘榴坂
歩行者通路1号と柘榴坂の歩行者通路3号共にエレベーターが設置されバリアフリー化されます。
柘榴坂は長く坂道となっています。
私もベビーカーを押しながら息を切らして坂道を上ったことが何度もありますが
歩行者通路3号となる柘榴坂には2つのエレベーターが設置され、
ベビーカーも車椅子も私のような妊婦も誰もが
快適に歩けるようになります。

再開発で建設されるビル

最後にこの地域にどんな建物ができるのか見てみましょう。

現在計画が進んでいるのは、A地区とCー1地区です。

品川駅目の前にあるA地区は、29階建てでホテルや商業、オフィスが入るビルに

Cー1地区は、30階建ての地権者の方々の住居やオフィスが入るビルになる計画です。

スケジュール
A地区:工事着工2023年~完成2026年
C−1地区:工事着工2024年~完成2027年

パースを見るとイメージが湧きやすいですね。

国道15号上空デッキ



今の品川駅西口には、国道15号を渡るのに交差点を利用しなければならず
朝や夕方、週末などには信号待ちの人でごった返して安全とは言えない状況です。
上空デッキができ、直接、駅から商業施設などにアクセスできるようになることで
安全でより便利になるはずです。

こちらが国道15号ですね。
この部分に上空デッキがかかることになります。

国土交通省が2019年にこのようなイメージ図を発表しています。
ここまで賑やかになるかはわかりませんが、
下は車がスムーズに通行できるよう
上はバスやモビリティ、歩行者が快適に通行できるような空間になる計画です。

これからの日本の成長を牽引する国際交流拠点・品川

の今後に期待です!

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にご連絡ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です