Takanawa Gateway Festの視察

Takanawa Gateway Festの視察
今日は街づくり子育て委員会の視察で高輪ゲートウェイフェストに行ってきました。

うちから目と鼻の先なのに、委員会ということで一度、役所に集合してから行きました(*_*)

JRの方からご説明いただき、顔認証システムを利用した未来の街や、高輪ゲートウェイから新しい未来を作るをコンセプトとしたデザインアート、中田英寿さんがディレクターとして携わる日本酒が飲めるラウンジ、TOYOTAのパーソナルモビリティなど体験させていただきました。

元々はオリンピックパラリンピックのライブサイトイベントで1日5-6万人の来場予定でしたが、今はコロナ感染症対策などから1日の来場者数は数百人程度、1時間あたりの滞在者数を1000人に抑えているということです。

数十億円かけて作られたブースはどれも素晴らしくJRの方もできるだけ多くの人に訪れてほしいとおっしゃっていました。

本当に多くの方に見てもらわないともったいない(>_<)

高輪ゲートウェイはリニアモーターカーや街づくりの計画などから、今年は駅前広場をこのように開放していますが来年には使用することができません。

もしオリンピックパラリンピックが2021年に開催されたとしても高輪ゲートウェイの駅前でパブリックビューイングを見ることができません。五輪の延期は様々なところに多大な影響を与えていることを実感しています。


今回のブースはNECやSONYなど各社の技術が集結しており、やはり技術が世の中を変えるんだなということにワクワクしました。

ぜひ遊びに行ってみてください。

お子さんも楽しめますよ😀 ↑こんな感じで!!

Takanawa Gateway Festの入場予約はこちらから

https://www.takanawa-gateway-fest.com/sp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です