都内初、保育所の選定作業にAIを導入

こんにちは、港区議会の中で唯一0歳児を育児中の榎本あゆみです。

今年の4月の保育園入園申し込みが終わり、今は結果待ちの時期。
皆さん、どうなるんだろうかとドキドキしていますよね。
2/7(木)配送なので週末には結果がわかります!

さて、保育園の入園と言えば、誰がどこの保育園に入園とするかという選定作業が非常に複雑で大変でした。
今は、区役所の人が3日間かけて選考作業を手で行っています。
点数に加え優先順位など複雑で膨大な作業量です。

今回の2019年4月入園の作業ではまだ導入されませんが、
やっと2019年の10月から保育園入園の選考作業にAI(人工知能)を導入することになりました!
AIによる保育所選考は都内初の取り組みです。

これまで3日かかっていた選定作業がAIを導入することで約5分でできるようになるそうです!!
IT技術を利用し効率かできることはどんどんITや民間への外注など活用していくべきです。


最適な保育所入所選考を実現するAIを用いたマッチング技術を開発
株式会社富士通研究所 PRESS RELEASE
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2017/08/30.html

もうすぐ(2月13日から)第一回定例会(議会)が始まりますが
今回は行政が提出してきた2019年の予算案について審議をします。

この保育園入所事務にAIを導入する予算として
2,796万円の予算が提案さてれています。
この予算案に対して、前向きな質問を予算委員会でしたいと思います!

その他、予算委員会で多くの質問をします。
皆さまからのご意見・ご要望お待ちしております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です