一年越しで本芝公園の実証実験が開始

本芝公園内のポールについていた突起は、自転車使用者にとって通り辛く、子供を乗せた自転車にとっては危険なものであるという地元の方からの声を受けて、2020年からこの問題に対して取り組みを行ってきました。
公園敷地内の道を道路だと思い、自転車に乗ったまま通行してしまう利用者のため、公園には突起のついたポールが設置されていました。
公園内を自転車に乗ったまま通行することを防止するためのポールですが、その突起を自転車利用者の安全性のために無くすことは、公園の利用者にとって安全かどうかに関する実証実験を港区が行いました。

今回の実証実験の概要
実験内容→ポールの突起の有無で、自転車の通行法に変化があるかどうかの実証実験
     実験1 突起のあるポールに関する実証
     実験2 ポールの突起を外した状態での実証
突起がない状態のポールと従来のポールの実験結果を比べ、結果が悪化しなければ突起なしのポールが適用されますが、悪化した場合には突起を元に戻すことになります。

2021年3月に港区によって実施されたポールの突起があった場合の自転車通行調査結果

1.朝夕のピーク時の通行量
通行量 朝(8:00~10:00)の通行量は、約280台/2hで、芝浦側から本芝側の利用が約六割夕(17:00~19:00)の通行量は、約330台/2hで、本芝側から芝浦側の利用者が約六割
子供乗せ自転車は、全体の約一割
2.本芝側ゲートの通過について
・ゲートで降りる人は約六割で、半数以上の人が降りて通過している。
・ゲートでポールの引っ掛かり立ち止まる人は、利用者の約3%、この内、子供乗せ自転車の割合は約1割

3.通路部の通行状況について
・通路部で降りて通行する人は約3割で、3分の1の人はルールを守っている。
・通路部で乗ったまま通行する人の内、スピードを出す、追い越す、歩行者レーンの通行など危険と思われる通行をする人は約2割存在する。

4.芝浦側スロープ部と階段部について
・スロープを利用している自転車は約1割で、この内子供乗せ自転車の割合は約1割
・スロープを利用した自転車で、歩行者と交錯することで危険と思われるケースは約1%存在する・階段部のスロープで脱輪した利用者は、約1%

5.今回の調査結果まとめ
この通路は、歩行者と自転車の分離通行を実施しているが、公園内であること及び幅員は十分ではなく、自転車事故も発生していることから、自転車を降りてもらう効果があり、半数以上の利用者が降りて通過している。また、3分の1の利用者は通路部も自転車を降りて通行している。一方で、自転車に乗ったまま通行する利用者は依然と多く、その中で2割弱の利用者は危険な走行をしていることを確認した。

今回の調査結果から、ポールは自転車使用者に降りて通行してもらう効果があり、実際半数以上の利用者がルールを守って通行していること、その一方で、自転車に乗ったまま通行する利用者も多く、ポールは必要であることがわかりました。また利用者にとって、スロープは通りにくく自転車利用者に活用されておらず、改善が必要であることに気づくことができました。

区民の皆様がルールを守り、突起がなくても本芝公園を誰もが安心して利用できる場所にしていくことが今後重要になります。ポールの突起は、子供を乗せた自転車にとって危険なものです。
ルールの守られる安全な街づくりを目指して、ポールの突起を無くしての実証実験を行っています。区民の皆様にルールが守られれば、今回の実証実験が適用されます。
通行量や突起を無くした場合の自転車使用者の利用法の変化を主に調査していますので、結果が出次第お知らせいたします。

これまでの本芝公園についての取り組みに関するブログのリンクが下記にあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です